公明党埼玉県議団  
 
 


6
16

@JDF(日本障害フォーラム)みやぎ支援センター

 震災後の障がい者支援に組織的に取り組んでいるJDFの活動内容を伺いました。全国から集ってきた福祉関係者のボランティアにより、個人情報保護というカベを乗り越えて、障がい者を探り当て、個々のニーズに応じたきめ細かな支援が行われていました。障がい者にとっては大変心強い支援です。


「JDFの責任者から説明を受ける県議団」


            

A松島水族館「マリンピア」



 被災しながら4月末という早い時期に営業を再開し、復興のシンボル的存在となった松島水族館「マリンピア」を訪ねました。きれいなった館内は一見すると津波被害を感じませんが、1階フロアー部分はほとんど水没し、大きな被害を受けています。経営的にも、今まで大きな割合を占めてきた修学旅行が一切なくなったため、対前年度比60%減ということで、大変苦しい状況だそうです。健闘を祈らずにはいらせません。



「チケット売り場には津波の跡を示すシールがありました」


617

B石巻市内を視察

石巻市議会公明党議員団より市役所にて概況説明を受ける

市内でも最も大きな被害を受けた市街地付近


C女川町を視察

海抜約20メートル付近から女川湾をのぞむ、ビルの5階付近まで津波が襲った。


女川町立スポーツセンター内に仮設住宅の状況を聞く


D独立行政法人 仙台医療センターを視察

同センターの震災直後の活動状況をはじめ、課題等を調査



2011.6.16/17
 
 
このページを閉じる