公明党埼玉県議団  
 
 


埼玉県は7月中旬から低利の経営安定資金「震災特別貸付」を開始します。
経営安定資金はこれまで年利1.3%でした。この金利を埼玉県と金融機関がそれぞれ0.2%ずつ支援することで、年利を0.9%に抑えます。
また、0.8%だった信用保証料率についても、保証協会が0.1%を支援することで、0.7%に抑えます。
対象となるのは最近3カ月の売上実績が、@被災地企業との取引の影響で10%以上減少A物流の停滞、風評被害等により15%以上した中小企業です。
融資限度額は設備・運転それぞれ5000万円。融資期間は設備10年、運転7年(据置2年以内)です。
7月中旬から24年3月31日までの時限措置です。
県議会公明党は、東日本大震災の後、県内企業が売上の減少に苦しんでいることを重視し、埼玉県に金融面からの支援を求めていました。
2011.6.24
 
 
このページを閉じる